2006年09月14日

印鑑の扱い

企業が扱う印鑑は非常に大事
代表者印(実印)・・・契約書や官公庁届出書(法務局に印鑑登録をしたもの)
会社員(通常角印)・・・社外文書など
銀行印・・・銀行との取引に使用、小切手などにも使用
契印・・・社内文書、割印など

印章取扱規則などを設けて保管すべき

会社印をなくした場合、登記所と警察に直ちに連絡しして、印鑑証明の交付をストップさせなくてはならない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。